求人募集について

女性の就労支援をはじめとした子育て支援は地域の大きな課題です。保育園入園待機児は深刻な問題です。この課題に取り組むため、当法人では、現在3園の認可保育園を運営しています。

このたび、法人本部と同じ相模原市横山公民館区で4園目になる「小町通みたけ保育園」を平成28年4月に新規新設により開園する運びとなりました。

小町通みたけ保育園は、次の3点をコンセプトに計画しました。①子どもたちが毎日ワクワクするような保育園にしたい!②保護者の方に本当に信頼される保育園にしたい!③地域の方にあってよかったと思っていただける保育園にしたい!です。

保育園に求められている多様なニーズに応える「多機能ワクワク保育園」を目指して活動していきます。具体的には、温かな親しみのある保育室、思いっきり遊び込める大型遊戯室・地上園庭・屋上園庭・園バス園外活動、地域福祉活動を支える子育て支援相談室・一時保育室・地域開放多目的室、災害福祉拠点として活用できるスペースも備えています。

みたけ保育園は、単なる保育園だけではなく、さまざま問題を含めて、地域の子育てを支える児童福祉施設であり、高齢者・障害者支援などの福祉の拠点の役割を果たしていきたいと考えています。

現在、どこの保育園でも、アレルギーなど病弱な子ども、ちょと気になる子どもなど、さまざまな支援が必要な子どもが多くなっています。これらの課題に適切に対応する保育士には、さらなる資質の向上と高い人間性が求められています。みたけ保育園では、保育園に求められる困難な課題に取り組むことができる保育士を育成したいと考えています。

みたけ保育園は、スタートからでも7年目の歴史の浅い保育園です。そのため、若い保育士も多く、個々の保育士のレベルの向上を図っています。保育で生じた課題を園全体で考え、外部研修、講師の招へい、振り返りの取り組み、ミーティングなどその都度、さまざまな方法で勉強しています。

職場で大切にしていることは、長く働くことができる職場作りです。保育は奥の深い仕事です、時代の変化ともに、保育士が扱う範囲も広くなり、さらに高い専門性が求まれています。そのため、多くの方に信頼される保育士になるには、10年20年のたゆまぬ努力と長い年月が必要です。

女性が多い職場ですので、結婚、出産、育児、子育て、病気、介護など、生活のさまざまな状況でも仕事が続けられるようにしたいと考えています。そのためには、制度の充実と支えあえる職場の仲間作り、チームスピリットが大切だと考えています。

「あとから続いてくるあの可愛い子供たちのために、いいものをつくり上げていきたい、そのために自分にできることをしようと思っている方」、「保育のプロとしての仕事を一生続けて行きたいと思っている方」、そんな方をみたけ保育園では求めています。

立ち上げの困難はありますが、ぜひ、一緒に、笑顔あふれる、新しい園を造っていきましょう。